Source code for annofabapi.dataclass.supplementary

# flake8: noqa: W291
# pylint: disable=too-many-lines,trailing-whitespace

"""
annofabapiのmodelをDataClassで定義したクラス

Note:
    このファイルはopenapi-generatorで自動生成される。詳細は generate/README.mdを参照.
    oneOf, allOfなどは正しく表現できない可能性がある。
"""

import warnings  # pylint: disable=unused-import
from dataclasses import dataclass
from typing import Any, Dict, List, NewType, Optional, Tuple, Union  # pylint: disable=unused-import

from dataclasses_json import DataClassJsonMixin

from annofabapi.models import SupplementaryDataType


[docs]@dataclass class SupplementaryData(DataClassJsonMixin): """ """ project_id: str """プロジェクトID。[値の制約についてはこちら。](#section/API-Convention/APIID) """ input_data_id: str """入力データID。[値の制約についてはこちら。](#section/API-Convention/APIID) """ supplementary_data_id: str """""" supplementary_data_name: str """表示用の名前""" supplementary_data_path: str """補助情報の実体が保存されたパスです。 s3スキーマまたはhttpsスキーマのみサポートしています。 """ url: Optional[str] """このフィールドはAF内部での利用のみを想定しており、依存しないでください。""" etag: Optional[str] """""" supplementary_data_type: SupplementaryDataType """""" supplementary_data_number: int """表示順を表す数値(昇順)。同じ入力データに対して複数の補助情報で表示順が重複する場合、順序不定になります。""" updated_datetime: Optional[str] """"""